読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共感と同感の境界線

自分の人生観。押し付けたりはしませぬ。

興味のないことが頭に入らない

スポンサーリンク

興味のないことがなかなか頭に入らない。日が経ち、何度も同じことを聞いてしまうことが多々あり、呆れられる。

何度も同じことを聞いていること自体は覚えているけれど、しばらくすると内容を忘れてしまう。



興味があることはどんどん頭に入る。とことん追求してしまい、何度も同じようなことを聞いてしまい、呆れられる。



別に興味が無いからと言って、話をちゃんと聞かない訳ではない。しっかり記憶しようともする。でも、やっぱり興味のないことはあまり頭に入らない。


これはプライベートだけでなく、仕事でもそうなので、なかなか厄介だ。


仲の良い友人、家族、恋人なら笑ってごまかせるけど、職場の上司の話や仕事の手順の説明が頭に入らないのは流石にまずい。

ごまかすのに精一杯(^_^;)


あ、これでも一応周りから仕事は出来ると思われて慕われています(笑)



自分では仕事が出来る方だとは思わないですが・・・


なんか歳を重ねるごとに仕事に対する意欲というか・・勢い?が弱まっていく気がします。


みんながみんなという訳ではないですが、最近は自分の周りの若い人が仕事に対する熱意がないので、もしかしたらその影響もあるのかも知れませんね。


以前はそんな若い衆や向上心がない連中を見ると怒りが込み上げてきたものですが、最近では(そんなもんだよな・・はは。)程度で済ませている自分がいます。



むしろそう思うようにして、無意識に無駄なストレスを溜めないようにしているだけかもしれませんが・・。